2008年04月04日

Elle est la ・・・

やっぱり賢いやつと話すのは気持ちがいい
俺今日はやさしくなれたとおもう、
いろんなひとに

馬鹿んなか埋もれていると、
同等で俺以上の知能を持っている(であろう)
人間を見るだけでこんなに嬉しい

いつからだろうなぁ
こんな
当たり前のことに感動するようになったのは

思い出が億千万で泣いたりしちゃうのは
もともと俺の涙腺が緩いわけではなく

あの歌詞がダイレクトに入ってくるからなのかも

そんなこと
思ったりした

考えられないかしら
想像も出来ないかしら

大学が箱庭の皆さんには


それでいい
むしろ
それがいい うらやましい


下らねぇ
あんな場所つぶれようがどうだっていいのに
どうしてこんなに本気になってしまうんだろう
なれるんだろう

面倒でも
辛くても
暇でも

行かなきゃならんと思えるんだろう

必要とされてる?
いや別にそうでもない
いなければならない?
とんでもない お角違いもいいところ


なんでだろうなぁ
報酬を求めずに行動できるなんて


キミが見せた景色は 億千万 億千万
見過ごしてた景色はグラフィティー
キミがくれた勇気は 億千万 億千万
見過ごしてた景色はドラマティック

そうなんだよな
本当に


あいつ今どこにいるの?
何をしているの?
答えはぼやけたままで

でも今じゃそんな事も忘れて
何かに追われるように生きてる


ほんとにそうだ

ああ、いかん
久々に号泣フラグ
posted by dd at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 愚痴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

メルトの替え歌について

あんまりごちゃごちゃ言うと、
見てくれてる人も面倒だろうし興味もないだろうからこれ以降、
この話題については永久に触れない。

えー、
どこでどう見つけたのか、やんややんやと替え歌についてのメールが。

だから嫌だったんだよなー。ほんとにさ。

別に叩かれたり煽られたりすんのには
ある程度耐性あるから構わないが、

なんかそのイメージが強烈についたりとかするのが嫌だ。
人様の歌詞を勝手に改編するなんて結構極悪な所業だろ?

それに、
これからミクあげたりとか、曲あげたりする時に
俺の主な功績がそれになったりするのが滅茶苦茶いやだ。

あれは「メルト」という素晴らしい歌ありきで、
俺がやったのは大したことじゃない。
新参で俺にメール寄こす人はその辺考えてくれ。

もういい加減、称賛メールも読み飽きた、つーか勝手に神格化すんな。
めんどくせえ。

ということで以下に歌詞の内容と意味合いを載せて全部終わり。
これ以降完全にメルト替え歌関連は無視するからな。
本家の歌詞はニコニコで見てくれ。

そうするぞ。こればっかりは異論反論認めないから。
だからもうメルトの事でメールしないでくれ。
作者さんに申し訳なさすぎるんだよ。


朝 目が覚めて 真っ先に思い浮かぶ試験の事
思い切って徹勉をした 「がんばったの!」って言いたくて

疲れた単語帳 真黒な問題集
持って 出かけるの
今日のわたしは やりつくした!

TEST!解けてしまいそう
「無理だ!」なんて絶対に言わない・・・ だけど
TEST!答え合わせはしない
失敗なんてしないわ わたし
だってこの試験を 受かるの


ここまで女性目線の歌詞。
「答え合わせはしない」に引っかかるという人が多かったけども、
ただ単にテスト最中の休憩時間なんかに、答え合わせなんかすると、
凹んで次の教科に差し障りがあるんじゃないかという配慮。というか
実体験。
「失敗なんてしないわ」は、100点満点という意味じゃなくて、
問題集が真黒になるまでやりこんだのに、大ゴケなんてしない!
と自分に喝を入れてるという感じ。


出題予想がウソをついた ドン引きの僕がいる
カバンに入れたままの 合格祈願 うれしくない
ためいきをついた そんなとき

「ぜったい受かるしかないんだ!」なんて 思っていた僕が笑う
問が解ける音がした

TEST!息がつまりそう
紙に触れてる 右手が震える 
高鳴る胸 はんぶんこの自信
手を伸ばせば 届く点 どうしよう・・・!
想いよ届け 神に


ここから男性視点。
「合格祈願」がうれしくないのがわからないらしい。ゆとり自重しろ。
まぁそれはおいといても、
いざ試験本番、ってなったときに出題予想と全然違う問題が出たら
パニクるだろ?そうなったら今までの自信が不安に代わって、
いろんな人の「頑張れ!」の期待に押しつぶされそうになるだろ。
俺はなったけど。
そうしたら合格祈願の文字が恨めしく見えたりするかなー、と。

そんなときに、必死で勉強して「受かるしかねえ!」ってなってた
自分が、今の自分を見たら笑い飛ばすんじゃないかと思って憤慨して、
問題が解けるような気がしたと。譜割安定させる為に「音がした」
そのままにしてあるけど。

「紙」は「紙」と「神」の韻を踏んでるわけ。
色んな誤訳があるようだがね。テスト用紙に触れてる手が緊張で震えて、この「受かりたい」という気持ちが、「神」に届いて、
結果になって「紙」(テスト用紙)に届け!という意味合いがある。
俺はそう考えながら書いた。


お願い 時間を止めて
泣きそうなの
でも書かなけりゃ 死んでしまうわ!


ここは男性・女性どちらでも取れるだろ。
「死んでしまうわ」を敢えていじらなかったのは、
応援歌なんで「落ちる」「滑る」という言葉を使いたくなかっただけ。
「書かなけりゃ」はあれ以外思いつかなかった。


TEST!ベルが鳴ってしまう
もう解けない 近くて遠いよ だけど
TEST!合格して笑いたい!
もうバイバイしなくちゃいけないの?(志望校的な意味で
今まで やってきたんだ
・・・受かるぞ!


これの意味が取れなかったら文盲。


以上。つかれた。
褒めてくれるのは大層ありがたいし、うれしいんだけど、
本家メルトよりいいとか、無批判にそういう事言っちゃいけない。
替え歌なんてまさに他人の褌で相撲取ってるだけなんだから。

と、いうことで俺はこれからもうこの話題は書きません。
メールも返しません。というか送んな。
メルトのメールの所為で、他のもっと重要なメールがどんどん埋もれて
返事が遅くなることが一番つらい。
かにのひと含めみんなすまん。


それじゃ。
posted by dd at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 愚痴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

渇望

いやー、やっぱり酒呑まないと眠れない。
これはほんとに病気だな。

今から1000円も出して酒を買うか、
それともこの蠕動するような眠気を頼りに明かりを消すべきか・・・

迷うね。
インドネシアにいた頃はビールの一本二本でやすやすと眠れたんだけどな。
やっぱり緊張してたし歩き回って疲れたりしてたからなんかね。


ていうか、酒呑んでたね。ふつうにね。


じゃ酒でも買いに行こうかなー。

最近(と言っても三日前ぐらいからだけど)自炊しておるもので、
お金には少し余裕があるのよね。
ま、三宅氏直伝焼きうどんしか作ってないけど。

まだ三宅氏の焼きうどんまでには遠く及ばんけども、
三宅氏のアドバイスのお陰で、
初めて自分で作った飯が美味いと感じたよ。


さて、
ユレロ・ボレロなげーよばーか!
という苦情がもう止まらん。止まる要素全然ない。
迷惑メールの中から掻き分けてもそんなんばっかだ。

まぁ、ごめんね。
ていうか、俺はこの事態に対して「ごめん」という以外
何すればよいのだろうかね?

反響があるというのは有難いことだけどさ。ものすごく。
これを当たり前だと思って奢ってるといかんのだよね。

あと20件かそこら同じようなメールがきたら
いろいろ考えてみるよ。適当に分割して張るとか。
喫茶の時みたく。


そういやさ、

俺がここで、
「インドネシアの紀行文書きたい」とか
「いろいろ製作途中のプロットが〜」とか
「曲書きてぇ」とか
言うとさ。

なんだか俺がそれしかやってない人みたいに見えるのかしらね。
ぜんっぜんそんなことないんだよ。
最近、俺のことを神格化してるようなメールがちょっと多くて
そこが不安でしょうがない。

俺だって、
学校行かずにアニメ見たりとかゲームやったりとかするし、
麻雀とかやるし、酒も呑むし。ひとりエッチもたまにはするし。
音楽聴いてぼーっともするし。友達と遊びにも行くし。
そりゃ本も読むしさ。

そこらへんのひとと大して変わらんのだけどね?
というか、
殆ど学校行ってなくて、東京に未だに馴染めてなくて、
彼女が三年以上いなくて、アル中とか。
大して変わらんどころか、非常に僕の遺伝子は劣っていると思うんだけど。


なんか無批判に俺を持ち上げるやつらは、なんかむかつく。
きちんと見据えているやつは、果たしているのかな?

そりゃあ意味もなくけなされても気分は悪いけどさ。
考えもなく褒められるのも気持ちが悪い。

なんかひとつ、
俺の文字しか知らない人たちに反抗してみたいな。
そこの俺の真意がわかる人だけ、ついてきてくれればいいみたいな。
金取ってるわけでもないし、さ。

いいアイデアはないだろうか。


どんでん返ししたいな
posted by dd at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 愚痴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

ナイツ

色々反省するようなことばっかりだ。



なんだ、こう。
なんだか壱つタガが外れたって感じ。

結論から言えばね、
死のう死にたいとか考えないように生きれるようになった。

考えないようになったというより、
考えないようにすることにした。
って感じかな。

それは正直言うと、
自らの信念から鑑みて、恥ずかしいけど
間違いなく逃げなんだ。

俺は本気で考えた。
答えをずっと探してた。
でも答えなんか結局わかりっこなかった。
少なくとも今の俺にはわからんかった。

ただいざ死のうと思えば、

急激に体温が下がって、
冷や汗が止まらなくって、
知らず知らず動悸が激しくなって。
思考は完全に沈黙して。


こわかった。


ただ、そんだけだった。
こわいんだ、死ぬのさ。

飛び込もうかと思ったホームの段差から、
見たことない赤黒い手が嬉々として俺を呼んでいて。

俺もそれにならなけりゃならんと思ったら、
何の事はない。
偉そうに今まで振りかざしてた理論なんか何処吹く風で、


ただ単に生理的に受け入れられなかった。


気持ち悪くて、
泣きそうで、
痛そうだっていう。
そんだけだ。


自分の中の生に折り合いをつけるために、
生き方を妥協した。

皮肉なもんだ。
楽しく生きるために情けない生き方にするなんて。
矛盾もいいとこだよ、ほんとにさ。

たぶん、
俺のこの考え方間違ってる。
少なくとも俺が望んでいる人生じゃない。


でもさ、怖いんだ。
だから仕様がない。
嫌でも死ねないなら、生きていくしかないんだな。

と考えたら、
ふんぎりがついて生きたいと思った。

どうせ自分で恥じつつ生きていくなら、
せめて楽しく生きたいよね。
これ以上の堕落はないけど。

もうこの選択をした時点で堕落してるんだ。
別にこれ以上汚れたって、何も変わらない。
そんなもんだよね。自信はないけど。
そんな気がする。


それを思い立ったのが、
新歓帰りの終電の中で。

6時半ぐらいに起きて、
しらふの頭でしっかり考えてみて、
この論理に甘えていいような気がした。


こんな言い方癪に障る方もいるだろうが、

誰の助言も丸っきり的を得ていない中で、
自分ひとりの頭の中でここまで考えられたことを、
俺の小さいプライドとして打ち立ててやろう。


そんな頭で、
こんなことを強く考え出したぐらいから書いたブログを、
まぁポチポチと読んでみたわけだけど。

プロットはまだしも、
愚痴みたいな日記みたいな、なんだ、
酔っ払いの戯言系統の書き物はえらいことになってるな。

死ね死ね団レベルに死ぬとか言いすぎだな。
そのときの俺にとってはそれがリアルだったから、
俺はそれを恥じることはしたくないけど。

それ抜きにしても、
ちょっと周りが見えてなさすぎだったかな、ね。
小難しい言葉並べて、賢い人ぶってる感見え見えだ。
痛いなぁおれ。

誰かにわかってほしいならもっとわかりやすく書けよ、
みたいなね。そりゃそうだ。
俺の歩み寄りが足りなかったね。

俺としてはそれを的確に表現するには
ああ書くしかなかったんだろうな。
まぁ自己弁護でしかないんだけどさ。

こういう生き方も三宅君が昔言ってたやつだし、
寂しがり屋さんすぎて、俺の相手をしてくれてた人も
「やれやれ」ってな感じだっただろうし。

何より叱ってくれた人たちに今になっても
大して感謝の意をあらわさない、つーかむしろ
「役に立ちませんでした」みたいな。
俺カスですね。


しょうがないよ、
多少正直に生きたらああだった。

それでもまぁ、
まだ僅かながら俺を頼りにしてくれる人もいるし、
褒めてくれたり叱ってくれたり、
遊んでくれたり抱かせてくれたり、
そういう分野で俺を見ててくれてる人もいるし。


がんばるお。


あ、そして。
ロウディング〜の続きを催促してくれる嬉しい人もいるんだけども、
あの作品はちょっともう書けません。すんません。

ああいう追い込まれてる精神状況だったから、
つーか、
頭んなかギリギリだったからこそ青春ぽく書けた、つーか。

今じゃもうなんだか白けちゃうと思うんで。
てゆーか書きたくもないしね。
また次回作に期待してくれたらいいなと。

オチだけ言っとくと、

ポールは何でもできる器用貧乏みたいなヤツで。
親友の三人の小さな妬みとか嫉みとか、そういう
わずかな負の感情をもとに彼は自ら死に至ったという。

それを親友たちは、
「友達同士の中で自分だけがこんなにも醜い感情をポールに抱いてる」
と各自それぞれに思い込んでいて。

最後にポールの墓前でそれを邂逅して、
「ああ」って。

誰も悪くないよね、
生きてるだけで誰かを傷つけたり、
知らないだけで自分を縛ってたり、
そういうことってあるよね。
みたいな。


ま、
オチだけ言われてもってな感じだろう。
長くなったけど、ここまで読んでくれた人お疲れさま。
そんじゃ。
posted by dd at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 愚痴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

また新宿は

新宿は何も答えてなんかくれない

こんなにも雑多で
こんなにも卑猥で

お前が知らないことなんて一つもないだろうに

下らない「多さ」の中で
僕はふと考えてしまう

もし
あなたがいなくなったら
僕はあなた以外の人を愛するんだろう

もし
僕がいなくなったら
あなたは僕以外の人を愛するんだろう

僕があなたを愛していても
あなたが僕を愛していても
僕があなたを必要としても
あなたが僕を必要としても

僕らはいつか
他の誰かを愛してしまうんだろう

こんなにも

ここには人が溢れている
その中の一人だけを生涯好きでいられるなんて
どうして出来るんだろう


そんな哀しい答えが
この町の摂理だというのかい


新宿は何も答えてなんかくれない


ついさっき
俺の大事な友達が
また一人この地を去っていった

それを見送る僕の背中は
やっぱり新宿の愚かな電飾が彩っていて

少しだけ
ノスタルジックな気分になって
泣きそうになったりなんかして

今まで
すっと一緒にいた時間を
振り返ってみたりなんかした

深夜の高速バスに乗り込む彼の背中

それを
見守ることすら出来ずに
独りで塞いだりしている


これから僕は誰に甘えればいいんだろう
これから僕は誰に頼られればいいんだろう
誰と会って
誰と笑って

こんなにも人が溢れている
その中のたった一人を失っただけで滅入るなんて
どうしてなんだろう


そんな下らない弱音は
この町は受け止めてくれないのかい


新宿は何も答えてなんかくれない


何を問いかけても
誰に問いかけても

新宿は何も答えてなんかくれない


俺はやっぱり
死んだほうが幸せなのか?



また新宿は

何も答えてなんかくれない
posted by dd at 01:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 愚痴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

Sammary

書きたい
書きたい
書きたい

言いたい
言いたい
真実を

事実を
解釈された
可笑しなピエロを

指差して笑いたい
お前のその滑稽な頭の中


ああ
書きたい
書きたい
書きたい!!

触って
求めて
愛していたい

愛されたい
愛されたい

はやくイかせて
イきたい
イきたい

取り戻したい


あぁ!!


何よりもまずは
書きたい
書きたい
書きたい!


もう書きたくない
何も書けやしない

ああ
それでも
書きたい
書きたいのだ


書けない
書けない
愛されない

堂々巡りの
反論美論
否定形の連鎖


ああああああ

何処だ此処は
此処は其処だ
其処という底だ


書きたい!
書きたい!

とまらない

イくイく
出る出る

あぁ
頭の中
常軌を逸した
跳ねる跳ねる

書きたい
書きたい!!


ああ
書きたい

書きたい

とめどなく
書きたい!
あああ
書きたい!

性交の錯誤
ああ
書きたい!


書きたい
書きたい!

もうなんでもいい
書きたい!

書きたい!!

あああ

書きたい!
書きたい!
書きたい!
書きたい!

書けない


書きたい!
書きたい!

ああ

書きたいなぁ

愛されたい

書きたい!

書きたい!

書きたい!!



あああ
書かなければ


書きたい
posted by dd at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 愚痴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。