2008年07月03日

林檎タン

新しいアルバム買ったお
何回かリピートして聞いてるけどこれはいいね

亀田さんのベースとアレンジ神すぎるな、ほんと
ドラムも手数多くて俺はかなり好きな感じ

こう云うの聴くとやっぱり音楽ってリズム隊だよなーと思う
もちろんウワモノも大事なんだけど、
下地が出来てなかったらやっぱりゆらゆら帝国になっちゃうしな


林檎タンみたいな曲書いてみたいんだけど、
いかんせんミクちゃんじゃどうも色気が足りん

それに加えて俺にそこまでのスキルない

加えてテスト勉強しないとやべえ
これはガチで



歌詞の解釈とか久々にしてみたいんだが・・・
需要はほんのわずかあるようだし
でも今週はあとレポート3枚+お仕事だからな・・・
ちょっときつそう


あー
今急に思い出したんだけど
林檎タンの「罪と罰」の解釈聞いてみたいと言ってた方
(名前失念してしまいました。すいません)

たぶん貴方の解釈でよいと思います
俺も大体そんな感じです

よいと思いますって言い方もアレだな
なんか上から目線っぽくていかんね
俺の解釈とは一緒です、だな



今日はじめてクーラーつけてしまったお
除湿ってステキだな
posted by dd at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

曲書いてみた

http://www4.uploader.jp/dl/ton/ton_uljp00068.mp3.html

どうだろう
いや、一瞬の気の迷いで書いただけなんだ

昔出したCDなんかよりは成長していると思うんだけど

できたら感想なんて頂けたら
マンモスうれPです


ではでは
posted by dd at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

【おわり】みんなにお願い

皆さん自演、じゃなくて支援どうもありがとーございました。
「あ、これこいつだw」と思うコメもなくはなかったけど、
まぁあれぐらいなら大丈夫でしょ。

ひとまず22時現在、
再生7000・マイリス580の
音楽カテゴリで5位、総合で45位でしたー。
マイリス自演どうもありがとう。

しかしここから流れたのは何人ぐらいかってのは微妙。

まぁ恐らくマイリス自演は10?か多くても20ぐらいかと。
それなら全然問題ないよね?よね?


まぁいいさー。
純粋にマイリス放り込んでくれた人も500以上はいるだろうし。

いやーよかったねえ。
何回も言うが、ほんとに俺何にもしてないけどねー

色んな人に聞いてもらえるってのは嬉しいもんだ。素直にさ。
実際ここまで伸びるかな〜とも思ってたんだけどね。
ちょっと驚いた。


えー、
宣伝関係のメールがイパーイ来ましたが、
説明がめんどうなんだよなぁ。

まぁddという名前は出してるから、
俺の名前を出すのは別にかまわないんだけど、

出来たら個人のブログ・ミクシイあたりでとどめといてくださいなー。
っていう尺度をある程度守っていたらいいっす。

あんまり大っぴらに知られると、
俺の無能さがどんどん知られてしまうw
それも怖いのだw



もっと別の理由もあるんだけどね。


どれどれ、1万再生いったら何か高いもん食おうかな。
シースーとか。一人で。

今日は寝不足で疲れてるんで飲まなくても寝れそうだけど、
気分が高まったので飲みます。
再生7000の内6回は俺の自演だがw


次は「先輩が同級生」という歌をあげますよ。今月中に。
一応作曲してギター弾いてドラムちょっと作った。


また宣伝するのでよろしくねー。
ああ、ボレロの方もほぼ完成いたしました。

こちらは曲以外の面でいろいろ作業残ってるようなので、
「先輩が同級生」のあとではないかと。
来月くらいかな?を予定。



今妄想してみたけど、
ボレロ誕生日にリリースとかなったら泣くかもしれんw



まぁこの辺で。興味ない人はないだろうしなー。
実はちょっぴり作文書いたりしてますよ。
一生の構想そのままパクったけどw

とりあえず、




おふとんたーん
posted by dd at 23:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【やっと】みなさんにお願い

上がったようです。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2651362

そろそろ寝ないと明日また怒られるので、
みなさん色々よろしく。
支援してくれた人ありがとう。



あとメールくれた人愛してる。
posted by dd at 05:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ついに】みんなにお願い

初音ミクデビューができそうです。

以前、俺の告知によって起こされてしまったという人、
ほんとうにごめんなさい。
今回は間違いない、                と思う

ええと、こんな時間に書くとあんまり見られないかもだが、
今日(3月15日)の5時半ぐらいに前言っていた曲をあげます。
あげます、って俺が直接上げるわけじゃないんだけど。

「おふとんたん」という曲ですね。


(実の所を言うと順位があんまりにも上がってるので
 宣伝するのが怖かったっていうのもあったんだけど)


えーと、
一つだけ注意点を。

あんまり節操なく宣伝したり、むやみやたらに某巨大掲示板とかで
言いふらすのは勘弁してくださいね。
特に俺の名前やらHNとかは絶対使わないでちょー。

まぁいろいろあるのよね。
説明するの面倒だからしないけど。

俺一人の作品ではないのでね、
他のメンバーさん達の関係もあるからさ。

ああ、ミクシイだなんだでちまちま宣伝してもらうのはおkなので。
ただ俺の名前は伏せておいて、というか「友人が」とか
ぐらいでどうかお願いしたい。
(俺ほとんど何もしていなから心苦しいのだよ)


とりあえず見てやってくだされー。

よかったー だけでもコメントくれればうれしいです。
(出来たらミクでw)
曲の感想とかでも全然よいけど。メンバーさん達に伝えます。

「いいなぁ」と思ってくれた人は、
メールなりなんなりくれればこっそりMP3あげたりとかできるかも。
いや勿論メンバーさん達が許可をくれたらの話ね?


最近の僕の状況は、
とりあえずバイト終わったー。いくらぐらい稼げているのかなー。
ワクワクしてますが4月の終わりぐらいしか入らないらしい。
忘れてそうだな。


ではでは。
結局名古屋帰ってきてあんまどこにも行ってねーなー
posted by dd at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

【つづき】みんなにお願い

えーと。
まずは今日の朝方うpすると言っておいて、
出来なかったので本当に申し訳ないです。

メールくれた人たちの中には、
精一杯検索してくれた人や、
その為に朝方まで起きてくれていた人がいたようで。
本当にごめんなさい。申し訳ないです。すいません。

今酔っぱらっているので、
きちんとした謝罪の言葉は書けませんが、
本当に申し訳ないと思っています。

これは俺が動画を上げるわけではないということを、
俺自身が書いていなかったという完全なる俺個人のミスなわけで、
動画を挙げる人が悪いわけでもないので、
そこのあたりを勘違いしてほしくないなぁというのは切に感じます。


とりあえず、本当に申し訳ない。
揚げる時になればまたここでお知らせいたします。
個人的にメール送ったりした人たちにはまた後ほどメールでお返事いたします。



とりあえず、ごめんてことさ。

ごめん、

ほんとごめん
posted by dd at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

みんなにお願い

えーと、前にもちょろっと書きましたが
自作曲のお話。

自作曲というか、自作曲ではないんだけどね。
俺が参加させてもらっている場所でミクを担当させてもらいまして。

ミクというのは「初音ミク」というソフトで、
人間の代わりに歌ってくれる音楽のソフトですな。

ちょっと色々事情もあって、
大っぴらには宣伝出来ないんだけどさ。
自分のブログぐらいならいいかなーと思いまして。


曲がひとつ完成して、
3月8日(土)の早朝、まぁ今夜だね、ぐらいに
ニコニコ動画にうpする(予定)。

曲名は「おふとんたん」です。

皆さん覗いてみて聞いてやってください。
いい曲なので。

ニコ動知らない人はいない、かな?
いちおう知らない人のために↓
http://www.nicovideo.jp/

ブログにその動画のURLを張り付けると
登録しなくても見れるようになったらしいですが、
Seesaaたんは含まれていないようで。ガッカリ。

ええと、メンバーの皆様の許可を頂いたら、
ファイルだけでも貼り付けようかなーとは思ってるんですが。
それよりもニコで見てやってください。


作詞・作曲・編曲・絵・動画、
ここらへん全く関われてないんだけどねwレベル高すぎてw
なのでここらへん俺にメールなりコメントなりで文句付けちゃだめよ。
まぁつけるところもないだろうけど。

ミクもだいぶん修正してもらったようで、
足引っ張ってしまった感もあるんだけど。

どちらにせよ色んな人と結構な時間をかけて作った曲で、
俺もかなり思い入れのある歌なので嬉しいんですよ。

これがニコデビューになると思うとまた感動も一入で。

かなりクオリティ高いことになってるので、
よかったらマイリストとか入れてやってもください。
おねがいしますー。

個人としては、
後は友人にちょろちょろ宣伝するぐらいにしようと思ってます。
無許可で宣伝しまくりは自重してねー。

詳細知りたい人はメールかコメで連絡くだされ。
懇切丁寧に個人指導するから(はあと


ではでは。
posted by dd at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

もうだめぞ

毎日書かないと。書く練習しないと。
今までずっと本も読んでないし書きものもしてなかったから。

久しぶりに昨日の夜ちょろっと書いたんだけどね。
3ページくらいしか書いてないや


今日は久々に音楽の話。



音楽って難しいんだね。
特にPCで全部終わらせちゃうなんてのはさ。

俺が今まで書いてきた曲はほんともう酷かったようだ。
いや自覚も勿論してたけどね?

どうしたって機械に弱い俺はアナログな方式でしか
音楽できんのかねえ。

オーディオインターフェースと呼ばれる機械を東京で購入しました。
それはつまりギターとかベースとかをPCに入れて編集できる、
って類の奴なんだけれど、

それに付属してきた編集ソフトに今スコスコにされてます。

SSWは手間がかかってもあんなに楽チンだったのに!


もっといろんな事が出来る反面、
何にも出来ないっていうこの今の状況。

悔しいなぁ。

もっと知識があればなぁ。
知識じゃないか、経験かな。


ギターとベースとマイクでルージュの伝言とか録音して
ニヤニヤしてる場合じゃなかったようで。

俺的にはそれだけでかなり革新的なんだけどね。
上には上が居るってことで。

あ、そうそう。






来週あたりにニコにデビューできるかもしれません。
キモいなーと思うか、ふーんと思うかはその人の感性に任せる。

とりあえず宣伝。

スペシャの奴らとか武藤君とかぽんじとか、
そこらへんの人脈を上手く使いたいもんだね。


といっても俺はミクたんしかいじってない、
その上すごくうまい人にめちゃくちゃ修正してもらったっていう。

ダメダメだねえ。おれ。



才能人応援歌の歌詞解釈してくれっていうメールが何通かあったけど、
べつに解釈とかいらなくね?

ああ、好きですよ。
好きっていうか、もろあれですよ。
俺のブログから歌詞パクったんじゃねーかってほどシンクロしますよ。

でも解釈の必要あるのかしら?

俺が言ってきたことを、
ちょっと格好よくそして簡単にまとめただけじゃない?

よーく歌詞カードとにらめっこすればわかると思うんだけどな。



あ、ハンマーソングの解釈とか絶対しないから。
posted by dd at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

じゃが及びみなさんへ

http://gonzo.dip.jp/~gonzo/cgi-bin/uploader2/upload.cgi?mode=dl&file=2043
ユレロボレロ最新版
PASS=ton

すぐに消えると思うんで、
聞いてくれる人は早めに落としてくださいな。

保存してくれる嬉しい人は
PASS入れる→
ダウンロードボタンを右クリックで名前をつけて保存。

しかしこれは著作物として、
俺ひとりのものではすでにないので無断転載・無断配布禁止です。
著作権はボカロ互助会にあります。

詳しくはこちらを参照。
http://www29.atwiki.jp/vocalo-gojokai/



とりあえずテストある程度乗り切ったが気が気じゃない
posted by dd at 19:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

わっきーくん他へ謝罪の意をこめて

アルバムの目玉であろう、
キャッチーな曲だけ抽出してみました。
よかったら聞いてやってください

「無題」 http://www.fileup.org/fup175249.wma.html
「ユレロボレロ」http://www.fileup.org/fup175250.wma.html
「むこうがわ」http://www.fileup.org/fup175251.wma.html

PASSはぜんぶ ton でおk。
感想なんかくれると泣いて喜びます。

えーと、
上の三曲のどれか、または全部がミクの歌で
さらにヴァージョンアップしてニコニコを駆け巡るかもしれません。

あくまでも予定は未定だけど。

いろいろ決まったらまた掲示するけども、
その折にはまた支援よろしくおねがいしますね。



ようやくニコニコ以外の日記書けたと思ったら
結局最後はニコニコか・・・


またおこられるー
posted by dd at 12:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

まぁ形には

なった・・・のか・・・?
とりあえずユレロ・ボレロの一番までアカペラができたからうp。

開始の15秒ぐらい無音だけど、気にしないでちょ。音量にも注意。
yureroborero.wav

歌詞めちゃくちゃ適当、というか仮歌なので気にしないで。
みっくみくのイメージでつけてみた。
もっといい歌詞俺なら書けるね!というやつ大募集中。

そして13MBとかいう破格の重さだからみんな気をつけれ。
携帯厨はパソコンからよろしく。


聞いてくれた人、
ここが良かった悪かったというのを是非教えて貰えたらうれしいです。


んー。
ニコニコの職人たちのようには当然、うまくいかないわ。
そりゃ当然なんだけどね。

でも操作にも慣れてきたし、
大方のいじり方もわかってきたから、
どんどん楽しくなってきた。

きっと時間がたてばもうちょい上手くなる、と思う。
とりあえず楽しいから触ってます。


つーかファイルのアップロード、
初めて正常に作動したな。
これから順次新曲でも貼り付けていこうかしら。

とりあえず、
次のアルバムの目玉の曲なんで、
ちょっとでも興味ある方は是非CD聞いてやってください。

いくらでもあまってますよ。

2ndのときはあれだけ要望があったのに、さみしいもんですね。
アドレス封鎖されたりしてるからそれがでかいのかもしれんがね。

ま、あんまり触れこんでもいないしな。

さて・・・
そろそろ作文でも書こうかしら。
ずいぶんほったらかしだったしなー
posted by dd at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

うるがらら

みっくみくが難しすぎて早くも投げてしまいそうな俺。
涙目どころか普通に泣くぞおい。

なんだこれ、とんとわからん。

いじるのはまぁ楽しいんだけど、
パラメーターとかが難解すぎてよくわからん。
これっていつか上手になるのかしら?


遅ればせながらニコ厨に今さらなって、
メルト聞いてガチで震えてさ。

人生で4回目だぜ、
初めてDirのI`ll聞いた時と、
BUMPのリビデ聞いた時と。
そして林檎タンの丸の内聞いた時以来の衝撃。

確かに、
みんなが職人ともてはやしているぐらいなんだから、
そんなに甘いものではないという自覚ぐらいあったけども・・・

まさかここまでとは。
俺のSSWでのキャリアなんか、何にも通用しないのね。
ここまで歯が立たないとはなぁ。


いや、なんか、
もう少しでつかめるような気がするんだ!



と思いながら10時間ぐらい経過してる。
これで伴奏までDTMに手出したら、
俺留年どころじゃ収まらないかもだね。

しかし、


音楽つくんのたのしーなー。
金がかせげりゃ何にも文句はないのにな。
そこまでの才能さえあれば・・・くやしい。
posted by dd at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

McKee

どうも。
2日ぶりに御飯を食べたら美味しかった。


今、
ぜったい嘘じゃん馬鹿じゃねーのこいつ?
って思った人は、

俺がほんとだよ、と言っても
きっと一生信じてくれないんでしょうね。


まぁ、しょうがないよね。
それが僕の重ねた業だしね。


ところで、
CDがついに完成して、
えつし君と御飯食べたついでに聞かせて見たら、


どうも
「ユレロ・ボレロ」と「草縁儒」が
えつし君的にはヒットらしい。

うれしいね。
特に、えつしくんは小説版「ユレロ・ボレロ」を
斜め読みぐらいしかしてないと言っていたのに、

「なんかddの小説に似合いそう」
と言ってくれたのが最強に嬉しかった。

なんでも、
「今までのddの曲は、どうもFFとかDQの曲っぽかったけど、
 今回はちゃんとした曲みたいに聞こえる」
らしいですぜ。


ちゃんと僕も進化しているんだね!


ということで、
明日以降CDばら撒こうかなーと思っている。

嫌だといっても受け取ってもらうつもりさ。
名古屋のお姉さんたちにも聞いてもらいたいから、
余分に焼いていくよ。

それじゃ、
今日は久しぶりに酔っ払うので。
じゃ!
posted by dd at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

報告

あー。
新しいアルバムの完成の目処が付きました。なんで報告。

Album Title: Miscellaneous

1.草艶儒
2.意気地なしのうた
3.ラジオの8番
4.きえるのでしょうか
5.ユレロボレロ
6.冬、芳香


6はまだアイディアだけだからポシャる可能性大です。
ほか5曲はもうほぼ完成しているって言ってもいいんだけどね。

歌詞書いてくれる人も大募集中です。
Renaちゃんにも1曲お願いしたはしたんだけどね。
誰かこういう思わぬ才能を持ってる人はいないかな。

あ、あと前から言おうと思ってたんだけど、
今までの俺の曲に関して、

正直、
アレンジ面ではほとんど気張ってません。
というかむしろ手を抜いてます。
勿論今回のアルバムも。


というのも、
アニ研の副部長を筆頭として、
みなさん「作曲」というものの定義が無茶なんですわ。

まぁ無理もないというか、当たり前ではあるんだけどね。
こういうのは取り組んでる人しかわからんもんだよ。

野球をやってた俺からしたら、
バントが如何に難しいかなんてよくわかるんだけど、
知らない人は「たかがバントだろ?」という認識なのと一緒だわね。
だからしょうがないけどさ。

俺だって、
リフティングの難しさも卓球のラリーの難しさも、
いまいちわかってないんだろうし。


んでまぁ、
作曲と云うものは本来の意味では、
一重奏のメロディーを完成させることなんですね。

簡単に言えば、
歌謡曲ならボーカルのメロディーライン、
ピアノ曲なら左手と右手、
オーケストラなら主戦慄、って感じで。

だから極端な話、
鼻歌はもうすでに立派な作曲ということになるんですね。
ひとつ勉強になりましたね。


でも最近では、
歌謡曲では殆どの人がコード(和音)とメロディーラインを
造るということが当たり前になってきてます。

ギター一本で弾き語ったり、
ピアノで弾き語ったりとか、そういうスタイル。

まぁ、
Dirみたいにバンドで作る人たちはまた違う、
という例外もあるんだけれども、
話がややこしくなるから置いておく。


じゃあ、歌謡曲で言ったならば
ベースラインを考えるのは?
ドラムの刻みを考えるのは?
ギターソロを考えるのは?
ストリングスを入れるのは?


それらは全部「編曲」というタグに収められるものなんですわ。
そしてそれを統括するのが「プロデュース」。

もちろんそれらも大事な要素である事に変わりはないし、
俺もそっちの腕を磨いていきたいという願いはあるんだけれど。

そこまで手回らないっつーか。
知識がなさ過ぎて何にもできない。
俺の付け焼刃の音楽理論ではね。


ということで、
せめて楽曲のイメージが掴みやすい程度、
つまり「一般の人が音楽として聴ける」というレベルにしか
アレンジはやってません。

でもさ、これ実は大変なのよ?
もし俺がプロの作曲家で、今みたいな仕事をしてたら、
印税の7割は俺のものだからね。


ということで、聞き苦しい点もあるかとは思いますが、
みなさま是非お手にとっていただけたら幸いと思う次第であります。

今日は鍋食べたい気分だったので、
大学のやつらを招集して見ました。
頭数がほしかったので。俺最悪ですね。


久しぶりにビールが飲めるぜ!
posted by dd at 19:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

BUMP新曲よいね

いやーブログ書くのがほんとに久々。
昔、「忙しくなるとブログ書くのが面倒だ」って言うのを、
なーにをいっとるんだ、みたいな事を書いたけど。


あながちそうかもしれないな。
いや、別に他の色んな人みたいに目が回るほど忙しいわけじゃないんだけどね。バイトもしてないし、学校もいってないし。

ただ、なんか最近やけにサークルのほうが活動的になってきて、
まぁ俺はそういうみんなでの集まりとか大好きなもんだから
もう願ったりってところではあるんだけどさ。
忙しくはなるわけだな。

作文も新しいものに今取り組み中だし、
インドネシアの紀行文も今まさに佳境だしね。
曲も最近やけにイメージが浮かんできてて、曲も書きたいと思っているのさ。

でもまぁ主なものはサークルさ。
そしてまぁ、言い方は悪いけども、
みんながみんなお嬢とかボンボンばっかなもんだからさ。
気疲れもするってもんなんですよ。

いや、まぁ楽しいし、
自分の知らない経験をしてるようなやつの話を聞くのはためになるんだけどね。
なーんか、上手く言いあらわせられないけども、
こいつ低いなぁ・・・って人もまぁ多い。

ドライとか大人とか、そういうイメージじゃなくて、
なんかすっげー小さなところでこちょこちょやるのが好きな、
そんな人の集まりみたいなところでね。

ま、郷に入れば郷に従えというからね。
俺が参加「させてもらってる」というほうがスタンスとしては正しいんだろうしね。
これは単なる俺の我儘であって、不満ではないお。


んで、BUMPの新曲ようやく買ったよ。


いいじゃんか。
うん。いいんじゃないか。

まぁ今作もご多分に漏れず、
GOPPEが言ってたみたいにカップリングのほうが確かによいんだけども、
今作はメインも俺は好きだよ、かなり。


メーデー俺凄い好きなんだよね。
なんていうか、J-POPをちゃんとJ-POPにしてみました!みたいな。
メロディーが凄いキレイでいい。

こう、前に聞いたことあるようなメロディーラインなんだけど、
初めて聞くなぁという新鮮さ、コロンブスの卵的な驚きもあった。
歌詞はまぁ、なんかありきたりな、君の事をもっと知りたいよー的な感じだったから不服だけどさ。

ガラスのブルースのアレンジver.もいいじゃないか。
俺は前からアコースティックなアレンジにするなら、
ガラブルが一番いいんじゃないか、とひそかに思っていただけにね。

花の名もキレイだなぁ。
この曲の言葉遣いはすごくいいと思うんだけど。
映画のタイアップって事もあって、うまく情景が浮かぶようなアレンジになってるね。

何より、
おじさんがもう一番キてるのが東京賛歌だね。
これ、やばいね。

メロディーはなんか
「さだまさしのカバーかなんかかな?」
みたいな、まさにスリーコード万歳みたいな感じなんだけどさ。

歌詞がもう、ね。
最初に見たときに、
俺とGOPPEの二人のために書いてくれたんじゃねーの、これ?
ってぐらいハマってんだなぁ。

これは、
俺なんかの陳腐な解釈つける必要もないぐらいストレートな詩なんだけど(藤原さんには珍しく)
響くんだなぁ。これが。

以下に載せるので、
JASRACさん見逃してね。警告があったら即消しますから。



東京賛歌


空と地面がある街だよ 育った町とどう違うだろう
違いが言えるのはどうしてだろう ここへ来てから教わったんだよ

嘘が多いとか冷たいとか 星が見えないとか苦情の嵐
上手くいかないことの腹いせだろう ここは幾つも受け止めてきた

何をしに来たんだっけ?誰のためなんだっけ?
道路も地面も繋がってるけど そりゃそうだけど

勝手に飛び出して 勝手に辿り着いた
この街だけが知ってるよ 忘れた夢の引き出しを


あの頃いつも傍に居た 嫌いな好きな人達を
今ほど大切に思えてましたか ここへ来てから気が付いたんだよ

人はどこに居ても その人のままだよ
離れた誰かも離れた自分も 生きてるんだよ

勝手に選ばれて 勝手に嫌われた
この街だけが持ってるよ 帰れない君の居る場所を


嘘が多いのはどこでもだろう 
星が見えたってどうせ飽きるだろう
すれ違う中には似た理由で
ここへ来た人も少なくないだろう


何をしに来たんだっけ?誰が決めたんだっけ?
地面も空も繋がってるんだよ 未来と過去も

勝手に飛び出して 勝手に辿り着いた
この街だけが知ってるよ 取り返した夢のその続きを

勝手に選ばれて 勝手に嫌われた
この街だけが持ってるよ 帰れない君の居る場所を
この街だけが知ってるよ 育った町への帰り方を

posted by dd at 21:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

林檎タンの歌詞 その2

はい。ごきげんよう。

今日は、というかもう昨日か、有意義な一日でした。
毎日こんな日ばっかりだったらいいんだけどね。
あさってにはおじさん待望の麻雀大会もあることだし。

「人生薔薇色ですか?」って問われたら
「群青です」とは言うけどね。
このジョークがわかる人がいたら結婚してください。
この際、男でもいいです。



はい。
今日は「キラーチューン」です。



「贅沢は味方」もっと欲しがります負けたって
勝ったってこの感度は揺るがないの
貧しさこそが敵
(感性の贅沢は味方です。何を以って負けたと見做すのかわからない私にとっては、誰かに「負けた」と言われたって構わないのです。もし、その尺度で「勝った」と世の中に言われたって、今私が奏でている音楽で得られる、この耽美な感覚は得られないでしょう。そういった感性の貧しさこそが敵じゃありませんか)


贅沢するにはきっと財布だけじゃ足りないね
だって麗しいのはザラにないの
洗脳(わな)にご注意
(もしそういった所で贅沢をしようとするなら、きっと金銭面や名誉欲だけでは足りないでしょう。感性を洗うような、美麗な音楽なんてどこにあるものでもありません。ミュージックシーンを席巻する、トップチャートの洗脳にご注意を)


ご覧、ほらねわざと逢えたんだ
季節を使い捨て生きていこう
(今のこの感動を見てご覧よ。この音楽を奏でる私と、この音楽を愛でる貴方との出会いは必然であったのです。長い年月の間、やもめに様々な音楽・感性を使い捨てるのではなく、この素晴らしい音楽を長く愛することによって、年月のほうを使い捨ててやりましょう)


夜も秋も盗めないよ
貴方は私の一生もの
[主語が『人々・世間』の場合]
(長い夜も、長い秋も誰にも盗まれたりなんかしない、それだけの大いなる時間があるのだから、じっくりとこの時間を愛しましょう。この音楽を愛でてくれる貴方は、私の一生の宝物です)
[主語が『夜・秋』の場合]
(我々をもの哀しくさせたり、切なくさせたり、思考を奪ったりする夜や秋だって、この出会いの感動は盗めないよ。貴方は私と同じ感性を持って、共同体のようにこの感動を分かち合うのです。貴方は私が一生大切にする存在です)

・・・・・・有力なのは後者か。


贅沢するにはきっと妬まれなきゃいけないね
ちょっと芳しいのを睨まないで
欲しがらないなら
(今まで述べたような贅沢をするなら、きっと私は妬まれなきゃいけないね。アーティストとしての地位を確立した上で、ストイックに自分を追い込むこともせずに、こういった享楽に耽っているのだから。でも、それを羨ましいといって僻まなくたっていいでしょうに。あなた達がこの贅沢をする勇気がないのなら)


「今日は一度きり」無駄がなけりゃ意味がない
絶対美しいのは計れないの
溢れ出すから
(一度きりで聞くのを止めてしまうその愚かさ。美しい感性とは絶対に回数や重量や貨幣価値で計れるものではなく、自然と溢れるものなのだから、無駄だと思うぐらいに聞き込んで欲しいのです。その中から意味が生まれるのですから)


ご覧、険しい日本(ここ)で逢えたんだ
探し出してくれて有り難う
(今のこの感動を見てご覧よ。こんなにも多種多様な音楽が逼迫しているこの日本の音楽シーンで、あなたはこの曲を手にとって聴いてくれているのです。探し出してくれて、ありがとう。そして、同じ感性を謳えるという感謝をここに示しましょう)


空も恋も騙せないよ
私は貴方の一生もの
[主語が『人々・世間』の場合]
(どこまでも果てない空や、はしかのように理由もなく不可解に突然陥る恋の病のように、誰もこの感情を騙したりできません。私は、一生貴方に愛してもらえるような曲を書けるように、また自分を奮い立たせるのです)
[主語が『空・恋』の場合]
(限りなどなく、人々をロマンの世界へと誘う空ですら、人々を盲目にし、全てを投げ出せるようにする恋心ですら、この感動は騙せないでしょう。私は、その想いに応えるように一生、貴方のために曲を書き続けましょう)

・・・・・・これも有力は後者。




という具合かな。
まぁ例によって例のごとく正解かどうかなんて知らんよ。

やっぱ、
頭の中でいくら理解しているものだとしても、
いざ他人に伝えるために言葉にするとなると難儀なもんだな。
結局一時間ぐらいかかったし。


んで、あと3曲になるはずだったんだけれども。


実際、あと一曲かな。

なんでかというとね。

飽きたと云うのも、まぁ間違っちゃいないんだけどもさ。
リクエストのあった「金魚の箱」「ミラーボール」「酒と下戸」なんだけど、


「酒と下戸」以外の歌詞が何回どう斜め読んでみても、
意味、というか歌詞に秘めさせた感情?じゃないけど、
真意みたいなものがわかんないのよね。見えてこない。

まぁ言い訳だと言われたらそれまでなんだけど、
「金魚の箱」は作詞一葉さんだし、
「ミラーボール」は作詞浮雲さんだし、ってことで。


あ、なんだ。
っていう。


まぁ俺の読解力がまだ足りないのかもしれないし、
その可能性は大いにあるだろうし。
考えてもわからん、というか、この歌詞意味あるのか?って感じなんだよ。

自分としては、林檎ブランドで区別しているという自覚はないんだけど、ねぇ。もしかしたら無意識にそうなのかもしれない。




林檎ブランド、と書こうとしたら
ちんこブランコ、と変換されてしまいました。


ちゃんちゃん。
posted by dd at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

林檎タンの歌詞

久しぶりに歌詞解釈でもしてみようかなー。
というか俺にはそんな気はあんまりないのだけれども。

まぁどんな風に書いたって嫌味にしか聞こえないだろうから
そのままストレートに書くけど、
林檎タンの新しいアルバムの歌詞解釈をしてくれ、という
勝手極まりないお便りが何通も届いているので。

じっさい、
林檎タンのアルバム(というか事変だけど)が出るというのを
メールで知ったというぐらい前から頂いていたというのもあるし。

まぁアルバム買って10週ぐらい聞いたから、
そろそろ俺の中で、
きっちりアルバムとしてのコンセプトと、歌詞の位置関係が確立できてきたというタイミングもあるのでね。

書きたいわけじゃないけど書くよ。
まぁ興味はあるけど、疲れるんだ。
だから本当に気が向いたときしかやりたくないんだけどね。


ああ、もう。
見ている人の印象最悪だな。

ごめんよ、なんか、うっとうしくてさ。
こうやって薄っぺらい謝罪の言葉を並べれば並べるほど、
俺は謙虚さと云う不尽来のものを失っていくのだね。



さて、
今回解釈してみるのは
殆どの人が気になるという「私生活」という唄。

気になるって言うか、
メロディーラインが一番きれいっつーか、キャッチーだから
好きなだけなんじゃねーの?
という毒を吐いておくよ。
まぁいいさ。


今までの書き方だと携帯の人が見にくいといわれたので、
この俺様が直々にフォントを変えてやるから心して読みやがれ。

これに関しても偉そうに言いたいんだけどまぁ止すよ。


「私生活」というタイトルを念頭において考えてくれ。


酸素と海とガソリンと沢山の気遣いを消費している
(そのまんま。こういう三々九度の言葉遣いは林檎タンにはよく見られるよね。最初の三つは物理的に消費しているもので、『気遣い』は今(過去)の自分の人間関係を示している)

生活のため働いて僕は町を平らげる
(生きていくために町中を走り回って、まるでこの町のことは全て自分で理解できるようだ)

左に笑うあなたの頬の仕組みが乱れないように
(「あなた」は多分男だろうと思う。「頬の仕組み」とは笑っているあなたのこと。それを乱すことは、あなたの笑いを消すこと=怒らせたり、悲しませたりすること。それがないように)

追い風よさぁ吹いてくれよ
背後はもう思い出
向かい風まで吸い込めたらやっと新しくなる
(追い風が吹いてくれればいい。むしろ、あなたは追い風を吹かせてはくれないのですか。自分は今あなたといる現在とこれからしか見据えていないので、背後はもう思い出でしかないのです。そして、これから過ごすあなたとの生活で、向かい風も当然あるでしょうが、それすら吸い込めたのなら、やっと僕はこれまでの恋愛に終止符を打ちあなたを愛する新しい自分になれるのです)


夕日も秋も日曜も沢山はない出会いを浪費している
(これも一番と同じ。夕日も秋も日曜も沢山はあるものだけれども、沢山はないとわかっている出会いですら消費すら出来ずに、ただ浪費している)

行ったり来たり繰り返し僕は時代によいしょする
(夕日も秋も日曜も出会いも、行ったり来たり繰り返して僕は「そういう時代だろ?」と皮肉っぽく言って、まるでごまをするように生きている)

あなたの目には情けな過ぎて哀れに違いない
(解説の必要はない)

羅針盤(コンパス)よさぁ射してくれよ
現在地を教えて
既存の地図を暗記してもきっとあなたへ向かう
(今僕がいる位置は間違っていないのだろうか?羅針盤よ、射してほしい。愛する−尊敬する−あの人の所へ行くのに僕は間違っているのだろうか?これで間違っていない確証=現在地、さえわかれば歩けるのだけれど。今自分が信じている生き方でも必ずあなたに出会えるとは信じているけど、それでもやっぱり不安だよ)




ここで、「あなた」はもう近くにいないということを覚えておいてね。





あなたが元気な日にはそっと傍にいたい
あとどれくらい生きられるんだろう?
行かないで
追いつかせて
待ってあと少しだけ
生きているあなたはいつでも遠退いて僕を生かす
(あなたが僕の左で笑っていてくれるときには、気付かれなくたっていいから傍にいたい。あとどれくらい僕は、あなたの傍にいても、自分であなたに引け目を感じないまま傍にいられるのだろう。僕をおいて行かないで、僕自身で考えて、成長したのを確認して、あなたの位置まで追いつかせてほしい。僕の左にいる生きているあなたは、いつでも僕の前にいて、それに追いつこうとするから僕は生きている意味を、あなたを追いかけているという誇りと責務と、信じて生きていけるのだ)







っていう簡単な詩じゃないのかね?
ま、僕の歌詞解釈が正解とかどうかなんてことは、
もういちいち言わなくたってわかるだろう。
このブログでの俺の横暴のルールはもうみんな知ってるはずだし。


例によって、
何かいちゃもんがあるならかかってこい。
俺としてはこの曲はこんぐらいの単純な詩以外は全部こじつけに見えるんだけどね。


タイトルが「私生活」ということもあって、
林檎タンとしては、ただの恋愛関係だと捉えられるよりも、
自分のアーティストとしての生き方を「あなた」に
問うているということを理解してほしいと考えるほうが普通かもしれないな。



これであと4曲

まぁ俺の実力?じゃないけど、
聞きたいといってもらえるほどの権力を俺に授けてくれたことは
すごく嬉しいんだ。

ただ、
いくら裏づけして試行錯誤して書いたとはいえ、
俺は俺の思ったことを言ってるだけでしかないんだ。
某掲示板とかで「これが正解だ!!」みたいに書き込むとか
そういう頭悪いことは勘弁してくれよ。
posted by dd at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

トキシック

最近の俺の生活といったらもうどうしようもない。

水曜の夜からずっと、
朝6時半きっかりに眠りについて、
12時ぴったりに一回だけおきて、
4時25分にきちんと起きる。

起きてる時間帯はほとんど焼酎飲んでる。


俺、たぶん死ねばいいよね。

まぁいいんだ。
そうなって俺を殺せるのは、

俺が心から愛して止まない俺の奥さんか、
親友である三宅とかGOPPEとか池田君たちとか、
あとアルコールだけなんだな。

そう考えたら自分で死ぬ場所もその方法も選べるなんていうのは、
ものずごく幸せなことなのかもしれない。

今まで誰一人としてこの俺の意見を痛諾したりはしないけれど、

死ぬために生きるっていうことは、
実は一番まっとうな生き方なんじゃねえのかな、と思うよ。

少なくとも、
生きるために生きるなんてふざけたこと言ってるよりましだ。
生きたいように生きるとかね。


そういう俺の中の心情を考慮してなのかどうかはわかんないけど、
いい感じの曲が何曲か出来上がった。
もしかしたらまたアルバムが作れるかもしれないな。

その中でも俺が一番の出来だと思った曲には、
僭越ながら自分で歌詞をつけようと思った。

なんか俺の伝えたいことが、
初めて言葉ではなくてメロディーラインで伝えられるような気がして。

見てやろうという人たちのためではなくて、
俺が伝えたい、むしろ主張したいことを伝えるために書くよ。







「きえるのでしょうか」


うつむかないで
苦しまないで
あなたは言って
また笑うけれど

あなたが泣いた
そんな夜には
僕はあなたに
笑えるだろうか

蝉時雨、幼く萌えていく
恋心ひとつだけ担ぎ出し

歌を歌うよ
あなたの好きな
古ぼけたダサいラブソングを

恋しくて 恋しくて
あなただけ 恋しくて
この声もきえるのでしょうか
恋しくて 恋しくて
会いたくて 会いたくて
この歌もきえるのでしょうか


雨が降った日
いつものように
あなたの髪は
揺れていたけれど

あなたは泣いた
泣いたのだろう
それでも僕に
泣くなというのか

泣いている、あなたのその顔が
僕のものではないとわかってる

歌を歌うよ
僕が綴った
ぎこちない臭いラブソングを

恋しくて 恋しくて
あなただけ 恋しくて 
その涙きえるのでしょうか
恋しくて 恋しくて
会いたくて 会いたくて
この歌もきえるのでしょうか


恋をして 恋をして
苦しくて 泣きそうで
この声はとどくのでしょうか
好きすぎて 好きすぎて
会いたくて 泣きそうで
この声もきえるのでしょうか

恋しくて 恋しくて
あなただけ 恋しくて
この声がとどくまで
恋しくて 恋しくて
会いたくて 会いたくて
この歌がきえないようにただ

歌いましょう
歌いましょう
好きだという
それだけを

歌いましょう
歌いましょう
泣かないでと
それだけを
posted by dd at 01:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

色々と近況報告

えーと、
まずはライブの報告。
来る3/25(火)におそらく車道?でやりますよ。

というか、
何にも現実的になってきてないし、
計画だけがなんか独り歩きしてるような感じがするが。

なによりもまず、
ソロで運営するわけにはいかないんだよね。
ワンマンとかどれだけ偉そうなんだって話しだし、
まずそこまで時間持たせるキャパも曲もないっていう。

だから他に対バンしてくれる人を探さないとねっていう。
まぁ小規模にやるつもりではあるんだけどさ。


というか、
なんか曲作んなきゃいけないというプレッシャーが
すげー重荷なんだなぁ最近・・・

曲を書きたいとは思うんだけど、
〆切があるとなーなんかやりたくなくなるんだなぁ。
ほんとダメ人間。


ま、でも
今さっき俺の大好きな淑徳の元カノさんが、
俺んちに遊びに来てくれるらしいからねっ!

それをモチベーションにして頑張るお。でへへ。
もうめちゃくちゃ楽しみだ。
まずはそのために生きてみようと思う。


んで、
一曲歌詞が完成したから、報告。
歌詞なんて久しぶりに書いたけどやっぱ恥ずかしいね。
いろいろ意見待ってます。



ラズベリー107


ある時ママは言ったの
「あたしの名前はラズベリーだ」って
嫌いで仕様がなかった
わたしの名前はラズベリー

黄昏時の嫌味な風景の
その中に壱つラズベリー
独りで帰るそんな姿の
何がラズベリーだと言うの

それでもママは言ったの
「あたしの名前はラズベリーだ」って
隠れて恥じた弱虫
そいつの名前はラズベリー

星降る夜の凍える風景に
ラズベリーなんて似合わない
こんなちっぽけで震える姿が
ラズベリーでしかないのかしら


ねぇ、ママ
私ようやく判ったのよ
ラズベリーの名を持つ意味
ママがどうしてこの名を選んだのか

ねぇ、ママ
私ようやく愛したのよ
ラズベリーの名を持つこと
それなのにママは帰ってこないのね


あの時ママは言ったわ
「私の名前はラズベリーだ」って、そして
私の目を見てぎゅっと
愛おしそうに抱いたの

だけど私はどうしても子供で
その真意わかるはずもない
ママが悪いの、だってこれっきり
会えないなんて知らなかった


ねぇ、ママ
私ようやく判ったのよ
ラズベリーの名前を持つ意味
ママがどうしてこの名を選んだのか

ねぇ、ママ
私ようやく信じたのよ
ラズベリーの名前を持つ価値
ママが私を愛した証拠の名前


ある時ママは言ったわ
「私の名前はラズベリーだ」って
それは誇り高きこと
世界でただ一つの私

その価値を知り今を生きているわ
ラズベリーの名に恥じぬように
ママの口癖、伝染ってしまったわ
「私の名前はラズベリー」

ねぇ、ママ
伝えたいことがあるの
私好きな人がいるのです
愛してしまったのです、彼の名を

ねぇ、ママ
ママが私を愛したように
私好きな人がいるのです
愛してしまったのです、彼の名を


これから私は言うの
「あなたの名前はラズベリーだ」って
愛してやまない私の
あなたの名前はラズベリー
posted by dd at 00:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

まだ予定だけど

またCDでも作ろうかと思ってます。

7曲ぐらい入りで。
また欲しがってくれる人はどれだけいるんかな。

名古屋には曲のデータが持ってけないから、
俺が東京にいるうちに欲しい人、または「聞いてやるよ」ってな
人は1月中に連絡ください。

このブログにコメントをくれても、
俺に直接メールくれてもいいけど。

2曲は完成したんだけどね。
まだ他のがほぼアイデアだけで手付かずというか。
だから曲数はもっと減るかもわかんないけど。

是非是非お誘いあわせの上聞いてやってください。
応援してくれる人がいっぱいいてくれればがんばれます。
おだててください。


Album title:メランコリィ

1.ラズベリー107
2.翌檜
3.trooper
4.ロリータ
5.恋文
6.言葉亡くす
7,私のメランコリィ

6は先輩との合作です。
これだけすげーアレンジが凝ってるんでご期待あれ。
なんだか事変ぽいアレンジだから好きな人は特にどうぞ。

お問い合わせ待っております。
posted by dd at 22:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽の揚げ足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。