2009年03月06日

きょうおもったこと

別に就職のことではないんだけれども
これもひとつの資料として保存しておきたい

僕は
歌詞を書くことに
それほどジレンマを感じません

それというのは
ジレンマを感じる時に
僕は歌詞を書かないからです

うん
よくわからないかい

例えて言えば

君が
「何かお腹が減ったなあ」と思うとする

そりゃあご飯を食べなきゃいかんだろう
そうすると君は
「何が一番おいしいだろう」と思うのだろう

僕は違う

僕は違うというのは
決して僕が上だ、という意味ではないのだけれども

僕は
「一番おいしいものが食べたいなあ」と思ったとき
あ、そういえば腹が減ったな、と思うのです


わかるかなあ


僕は
 生産 するために 枯渇 するのだ
君は
 枯渇 したときに 生産 するのだ


どちらの質が高いだろうか
考えてみればすぐにわかるだろう
わからなければまた言ってくれればいい

ああ酔っぱらった

明日がオフだからっつって
飲みすぎたか知らん

焼酎が2本目になって
キーボードタッチがおぼつかん

今日は
未来に化ける説明会に行ってきた

正直言って
今まで行った説明会の中で
一番つまらなかったしくだらなかった

人事の質ってものがよく見えた

あんな人間がすぐにわかるってことは
会社の質も知れたなと
僕なんかは僕なりに思いました

ということで
あそこは面接練習企業と相成りました

ところで今

読書から出来上がる詩
そのアウトローな歌詞の精製方とは!?

というナレーションが流れたんだけど



なんでだろうねえ
馬鹿だねえ

映画だろうが
作文だろうが
音楽だろうが

言語を使う以上
本をまともに読んだことのない作品なんて
概して駄作でしかないのだよ

ほぼ間違いなく

手前ひとりの人生観で書かれたオナニーな自叙伝なんて
俺のブログよりも質が低いもんだから

他人の人生を顧みずに何が創造か!

そう思うわけですね
なので
僕の大好きなISSEYくんが本を読むことを好きになってくれたらな


蛇足ながら僕は思うわけです

最近僕は本をきちんと読めていないので
作文は書けません
posted by dd at 01:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
返さずに見逃げするのは、どうかと思うから正直に言うが

哀れだな。

もはや憤りすら感じない。
勿論、反省などするはずもない。

俺だけじゃなく、他の、少なくとも、僕と君の共通の人間は同じことを思っているだろうよ。だろう?いや、思っているんだよ。
かといって
君には言わず、君に関して何か言うのは、それもまた違うと思うから、こう言ってるんだな。後がどうなろうとしらん。まぁ俺に何言われても動じないだろうし。

それでも一度は意識した相手だから繰り返す、哀れだ。
今に始まったことじゃないかもしれないが。

おっせかいだな。

俺だけが感じているなら、食いついていたのかもしれんが、
このコメントを見て頷く人間が幾らかいるとしたなら、もう手遅れな気もする。

それでは、おやすみ。
就活がんばって。
Posted by いっせい at 2009年03月07日 00:59
憤りを覚えていないならいいんだけども

ちょっと何言っているのかわかりません
Posted by とん at 2009年03月07日 17:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115209496

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。